MENU

Prime Studentの特徴・メリットを解説【99%の学生は入会するべき】

  • URLをコピーしました!

Prime Studentは普通の会員と何が違うの?

アマゾンプライムの学割サービス「Prime Student」は、月額250円で利用できる超お得なサービスです。

先に結論を言うと、Prime Student(プライムスチューデント)は悪い点もあるけど、学生にとって最高のサービスです。

Prime Studentは「日本の99%の学生はPrime Studentに加入するべき」と言っても過言ではないほど、学生にメリットだらけのお得すぎるサービスです。

1日あたり9円しかかからないのに、半年も無料期間がある無茶苦茶なサービスです。

6ヶ月無料で利用できるので、迷ったらまずはお試ししてみましょう。半年無料で体験できるの太っ腹すぎます。とにかく一回体験してみましょう。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

と言ってもじゃあどんなメリットや特典があるんだ、ということで今回はそんなPrime Studentの

・メリット
・デメリット
・無料トライアルの詳細
・入会や退会の方法

を詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次(タップで移動)

Prime Student(プライムスチューデント)とは?

Prime Student(プライムスチューデント)は、Amazonの有料会員制サービス「Amazonプライム」の学割版です。

会員のみが利用できる特典が豊富にあり、学割ならではのコスパの良さに関しては本家のAmazonプライムを凌ぎ、Amazon史上最もお得なサービスと言われることもあります。

料金(年額・月額)

Prime Studentの料金プランは以下の2種類があります。

料金プラン利用料金
月額払い250円(税込)
年額払い2,450円(税込)

Amazonプライムの半額となる計算です。

月額の場合は1年間の利用で3,000円になるので、年額で払えば550円お得になります

なので、特に月単位で払う理由がない限りは、年額払いにすると良いです。というか、年額で2,500円を切るサービスは非常に珍しいです。(安いという意味で)

月額500円のAmazonプライムの半額で、」ほぼ同じサービスを受けれるPrime Studentのお得さがよくわかります。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

初回6ヶ月間は無料

Prime Stundentには初回限定の無料体験が用意されていて、なんと6ヵ月間の長期に渡って全てのサービスを無料で利用できます。

これ、凄すぎます。充実したサービスで、元のAmazonプライムが500円/月ですでに安いのに、それが学割になって半額になり、さらに半年間も無料で使える。

これからで紹介するお得な特典を半年間も無料で使え、使用感を試すのにこれ以上ないです。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Prime Studentで受け取れる主なサービスとメリット

ここからは、Prime Studentに加入するメリットとなるサービスの特典について、詳しく紹介します。

お急ぎ便・当日お急ぎ便・マケプレお急ぎ便・お届け日時指定便が無料

Prime Student会員は、Amazonで商品を購入した際に

  • お急ぎ便
  • 当日お急ぎ便
  • マケプレお急ぎ便
  • お届け日時指定便

を無料で利用することができます。

Primeマークがついた商品のみが対象ですが、対象商品の種類はたくさんあります。

▼配送料の内訳(2021年12月時点)

配送方法配送料(通常)配送料(Prime Student)
通常配送(2,000円以上)無料無料
通常配送(2,000円以下)410〜450円無料
お急ぎ便510〜550円無料
お届け日時指定便510〜550円無料
参考:配送料について

通常配送料金は、北海道・九州・沖縄・離島だと割高になります。よって、これらの地域にお住みの方がAmazonプライム会員になった場合、少しだけ本州・四国の人よりも送料分がお得になります。

ただ、配送料という面だけを見ると、Amazonで2,000円以下の買い物をしない方は送料の面だけ見るとめちゃめちゃお得という訳でもありません。普通にAmazonをショッピングのみの利用で、2,000円以下の買い物をほとんどしないという方は、わざわざPrime Studentに入る必要もないでしょう。

逆に考えるとそれ以外の方はPrime Studentの会員になるメリットが確実にあるということになります。

私は以前Amazonで1,400円のボールペンを購入したのですが、北海道在住で通常送料がそもそも高く、すぐに使いたかったので「送料分+お急ぎ便」分が無料になっただけで月250円の元が取れてしまっていたりします。

また、Amazonではサイズの大きな商品や重量の重い商品を「特別取扱商品」として別途手数料を設けていますが、Prime Studentの会員ならそちらの費用も無料になります。

*一部の離島などで、特別取扱商品の配送ができない地域があります。詳細はこちら

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Prime Videoで対象の映画・TV番組が追加料金なしで見放題

配送料無料サービスと同じくらいPrime Studentの顔とも言える特典が、なんと言ってもこのPrime Video(プライムビデオ)です。

対象の映画やドラマが見放題となるサービスで、NetflixやU-NEXTといった動画配信サービスと似ています。

動画数では専門のサービスに劣ってしまいますが、追加料金なしでPrime Studentの年会費を支払っていれば利用できてしまうところが素晴らしいところです。

ついでにたくさん映画やドラマが見れるよ〜という感じで紹介されているサービスですが、これ単体でも十分に250円以上の価値がある化物級のサービスです。

プライムビデオを見るためにPrime会員になる人も多いのではないでしょうか。私がPrime会員になるきっかけはこのプライムビデオでした。

プライムビデオで配信される動画は邦画・洋画・アニメ・ドラマと幅広いです。

ただし、配信内容が頻繁に変わりやすく、期間限定で配信されるものも多いです。そのため、時期によって観られたり観られなかったりもします。

最新の作品ばかりでなく、思わず懐かしいと思って見てしまう作品も多くPrimeビデオでは配信されています。

ちなみに、Fire TV Stickを利用すればPrime Videoを家庭用テレビで観ることもできちゃいます。(凄すぎる)

大画面でみんなと一緒にPrime Videoを楽しみたい人は必須のアイテムです。ゲオでDVDを借りて、DVDプレイヤーで再生していたのが遠く昔に感じてしまいます。

▼Fire TV Stick

>>Fire TV StickをAmazonでチェック

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Prime Musicで200万曲以上が追加料金なしで聴き放題

200万曲以上が聴き放題となるPrime Musicも、Prime Student会員なら追加料金なしで利用可能です。

スマホのアプリで聴けるので、移動中の暇な時間でも音楽を楽しめます。

アーティスト単体で聴く以外にも、プレイリストやラジオの機能を使えば様々なアーティストの曲をジャンルごとに流してくれます。

Prime Readingで対象のKindle本を追加料金なしで読み放題

引用:Amazon

プライム会員限定の書籍やマンガが読み放題になるサービス「Prime Reading」を、Prime Student会員は追加料金なしで利用することができます。

こちらは、数百冊の対象Kindle本(和書・洋書・ビジネス本・漫画・雑誌など)が読み放題になるサービスです。

このサービス、私がAmazon Prime会員になる際にはおまけ程度に考えていたのですが、個人的にはめちゃめちゃありがたいサービスです。

電子書籍が読めちゃうのって普通にやばいと思います。本も読めるのにあらゆる特典が貰えてしまう、Amazon Prime Studentは恐ろしいサービスです…

普通に定価で購入した本がPrimeで無料!とかになっていたら「え、この本も無料でめたのか…」と結構凹んでしまいます…苦笑

Prime Readingの対象書籍は全てKindle本となるため、利用には

・Kindle端末
・Fireタブレット
・Kindle無料アプリ

のいずれかが必要です。

私はスマホのアプリで読んでいますが、正直読みにくいので電子書籍をたくさん読むという人はこの機会にタブレットを用意しておきましょう。

iPadなどがあれば無料で見れますが、タブレット端末がない場合は格安で読めるFireタブレットやKindle端末がお得でおすすめです。

▼Kindle Paperwhite(Kindle端末で1番人気)

>>Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 電子書籍リーダー

▼Fire HD 8(Fireタブレットの定番)

>>Fire HD 8 タブレット ブラック (8インチHDディスプレイ) 32GB

▼Kindle無料アプリ

Prime Readingの対象書籍は、全てKindle Unlimitedの対象書籍となります。既にKindle Unlimitedに登録している場合は、Prime Readingに加入する意味はないので、引き続きKindle Unlimitedのサービスを利用しましょう。

*サービスの重複には注意が必要!

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Amazon Photosで写真を容量無制限で保存できる

Amazon Photosは、Amazon Driveと連携したオンラインストレージサービスです。

プライム会員であれば、なんと写真を容量無制限に何枚でも保存することができます。

ちなみに、写真以外のビデオやドキュメントも5GBまでなら保存可能です。

プライム・ワードローブでファッション商品を購入前に試着できる

プライムワードローブは、ファッション商品を購入前に無料で試せるサービスです。

最低2点・最大6点までの商品を、配送が完了した翌日から最長7日間試着でき、期間終了後に購入するかどうかの決定ができます。

Prime Studentなら追加料金なしで利用ができ、送料・返送料も全て無料です。

ただ、私も然(しか)りあまり利用している人はいないイメージです。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

書籍の3冊以上同時購入で最大10%ポイント還元

Prime Student会員であれば、Amazonで書籍を3冊以上同時に購入した際に、最大10%のポイント還元が適用されます。

Amazonのポイントは1ポイント=1円で後に使うことができるため、実質的に1割OFFで本を買うことができます。

書籍や漫画などをまとめて購入すれば、かなりお得になるサービスです。

このサービス、埋もれがちですが結構ありがたいサービスです。学生で本をたくさん読む方には是非おすすめしたいです。

PCソフトウェアの対象商品が常に5~54%OFF

Prime Student会員であれば、

・Adobe Creative Cloud
・Microsoft Office Professional Academic
・一太郎

といったPCソフトウェアが常時5〜54%OFFとなり、実質的な学割価格となって大変お得です。

大学や専門学校の学部によっては学校で購入される場合もありますが、欲しいソフトが安く買えるのは学割の特権です。学生のうちにこれらのソフトを使いこなせると大変便利です。

対象商品はAmazonの学割PCソフトストアで購入ができます。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Amazon Mastercardで常に2%以上のポイント還元

Prime Student会員は、Amazon Mastercard(アマゾン マスターカード)を利用してAmazonで買い物をすると、常時2%〜2.5%のポイント還元が適用されます。

Amazon Mastercardには

・Amazon Mastercard クラシック
・Amazon Mastercard ゴールド

があり、クラシックが2%還元、ゴールドが2.5%のポイント還元です。

Amazon Mastercard クラシックは初年度年会費無料で翌年以降も年1回以上の利用で無料なので、実質無料で使えますので、利用するならクラシックがおすすめです。

還元でもらえるAmazonポイントは1ポイント=1円で利用できるので、例えば1万円の買い物をしたら200円分の商品券がもらえるのと同じことになります。

たかが200円、されど200円です。

後々嬉しい貯金箱のようなサービスです。追加でお金がかからないので一度試してみてください。

プライム会員限定先行タイムセールが使える

Prime Student会員であれば、Amazonのタイムセールを利用できます。

Amazonのタイムセールとは?

家電・日用品・ファッション等の商品が数量限定で毎日お買い得に買うことができるサービス。

そして、このタイムセールにPrime Studentを含むAmazonのプライム会員は、通常会員よりも30分早く参加することができます。

タイムセールで販売される商品は数量限定になるので、30分早く参加できるだけでかなり有利になります

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

Prime Studentのデメリット

メリットに続き、ここからは僕が実際に利用して感じたPrime Studentのデメリットを紹介していきます。

受け取れる特典が多すぎる

Amazonさん、特典マジで多すぎです。

これはメリットが豊富にあるぶん、逆にそれがデメリットにもなり得るパターンです。

実際、Amazonプライムのメリットをほぼ全て活用している人は少ない印象です。

「そんなサービス受けれたの?!」と後から知る人も少なくありません。

もちろん、個人がそれぞれ使いたい特典を使えば良いのですが、せっかく年会費を払っているわけなので、メリットをしっかり理解して、できる限り使い倒すべきです。

ここまで特典が多いと

「自分はサービスを全部使い切っているのか…?」

と思ってしまいがちですが(私もそうでした)ここまでのサービス内容で全部を使い切る必要はないと思います。自分が500円の価値があるなと思ったサービスを選択して使っていくのがいいでしょう。

無理に全部のサービスを使っていくよりも、使い倒すと決めたサービスを徹底的に利用していく(Prime Videoめちゃめちゃ見るとか)といった使い方の方が支払った分のサービスを受けられると思います。

サービス単体では他に劣ることも

動画配信のPrime Videoや、音楽配信のPrime Musicに関しては、他社の専門サービスと比較すると内容で劣る部分があるなという印象です。

「ネットフリックスでは見れたのにアマプラじゃ見れないのかよー」というパターンは度々起こります。ただ、「アマプラでも見られたのかよー」というパターンも同じくらいあります。

他社サービスはどれも月額1,000円程度と、Amazonプライムだと半額以下、Prime Student会員はさらにその半額なので、安さで考えると圧倒的にPrime Studentが優秀と言えます。

また、それ以外の豊富な特典もAmazonプライムにはあることを考えると、Amazonプライムのほうがサービスは充実していると言えます。

海外の学生は使えない

残念ながら日本人であっても、海外の学校に通っている人はPrime Studentを利用することができません。

高校生以下は使えない

Prime Studentは学生向けサービスですが、高校生や中学性は利用はできません。

▼対象の学生は以下です。

・大学生
・大学院生
・短大生
・専門学校生
・高等専門学校生

とは言え500円でもおかしいくらい安いサービスですので、高校を卒業してからPrime Student会員に切り替えるという使い方もできます。

高校を卒業して初めて学割が使えるというのは変な話ではありますが。笑

また、学校を卒業・退学した場合、Prime Student会員は会員資格を失うことになります。

その場合は、Prime Studentの利用期間終了後にAmazonプライムに自動更新されるのでご注意ください。

Prime Studentの入会手順

Prime Studentの入会手順について以下にまとめます。

▼入会手順

  1. Prime Studentの公式サイトにアクセス
  2. 「6ヶ月の体験期間を試す」をクリック ※年間 or 月間プランか要選択
  3. 学籍番号 or 学生用Eメールアドレスを登録(学生認証のため)
  4. お支払い方法・請求先住所を登録し、「無料体験に登録する」をクリック

注意点として、無料体験であっても支払い方法の選択は必要になります。

手持ちのクレジットカードを登録するのが最も楽で簡単な方法です。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

無料登録期間終了後の自動継続を防ぐためにEメール通知を設定しよう

無料登録期間終了後の自動継続を希望しない人は、あらかじめEメール通知を設定しておきましょう。

半年の無料期間は結構長いので、まだ大丈夫だろうと思っていたら無料期間が終わっていたというパターンがよくあります。

▼設定手順

  1. トップページのアカウント&リストから「Amazonプライム会員情報」をクリック
  2. 左下の「更新前にお知らせを受ける」をクリック

設定変更はとても簡単で、1分足らずで完了できます。登録すると無料期間終了の3日前にメールを受け取ることができます。

Prime Studentの退会手順

入会方法に合わせて、退会手順についても以下にまとめます。

▼退会手順

  1. トップページのアカウント&リストから「Amazonプライム会員情報」をクリック
  2. 左下の「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリック
  3. 「特典と会員資格を終了」をクリック

まとめ:Prime Studentは学生にとって最強のサービス

以上、Prime Studentの詳細やメリット・デメリットなどを紹介しました。

年間たったの2,450円、1日あたり9円で利用でき、学生であればほとんどの場合で加入しても損をしないサービスと言えます。

そしてこのサービス内容で初回の6ヶ月は無料でサービスを利用できるので、タダで動画も本も漫画も見放題です。

超お得すぎるので、まだ加入していない人は、ぜひこの機会に無料体験を利用してみてはいかがでしょうか。

\初回6ヵ月は無料 /

✔︎ 1日9円で始められる(月額250円)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアよろしく
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

21歳大学生|ブロガー&WEBメディア管理人|大学1年時に札幌の学生ビジネスイベントに参加して出会った深作浩一郎さんの倍率50倍の秘書兼弟子になり二年。新規事業も任され今冬リリース予定。社長のTV出演や東京出張、高級飲食店にも同行し学びや継続をアウトプット中。社長の秘書として必死に仕事を手伝いながら、起業・ビジネス・IT・WEBと言った様々なジャンルについて学び、その全てをSNSやブログで発信中。

コメント

コメントする

目次(タップで移動)
閉じる