MENU

MacBookの予測変換がバグった、おかしい時の対処法【30秒で簡単に解決】

  • URLをコピーしました!

MacBookには「予測変換」という機能があります。

MacBookの予測変換は、時たまに正しく変換されずおかしくなってしまう場合があります。

文字を打っていたらおかしな変換をされてしまい、正しい文章が打てなくなること言うひとは、今回紹介する手順で解決できます。

今回はMacBookで文字を打っているとき、予測変換がバグった、おかしいという時の対処法を紹介します。

30秒ほどで解決するので、是非参考にして見てください。

STEP
システム環境設定を開く

MacBookのアプリケーションから「システム環境設定」を開きます。

STEP
キーボードを開く

「システム環境設定」の「キーボード」を開きます。

STEP
入力ソースを選択し、下へスライドする

「キーボード」内のタブから「入力ソース」を選択し下へスライド(スクロール)します。

STEP
変換学習をリセットする

「入力ソース」下部の変換学習という項目をリセットします。

リセットを押すと以下のように確認画面が出てくるので、リセットします。

以上で作業は終了です。

これでバグったようなおかしい変換は元に戻ります。

以上、今回はMacBookで文字を打っているとき、予測変換がバグった、おかしいという時の対処法を紹介しました。

お役に立てれば幸いです。

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアよろしく
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学生ブロガー|大学1年時に札幌の学生ビジネスイベントに参加して出会った深作浩一郎さんの倍率50倍の秘書兼弟子になり二年。知識ゼロからブログを始めて、時間をかけて身に付けた知識を発信しています。

コメント

コメントする

目次(タップで移動)
閉じる