MENU

カンボジアで飲んだエンジードリンク購入感想【大学生東南アジア旅】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、てつです。

今回は2019年の秋に行った東南アジアの旅の途中で寄ったカンボジアで購入し体験したエナジードリンクの感想を、日本と比較しながら紹介していきます。

目次(タップで移動)

2019年9月、東南アジアへ旅立つ。

AirAsiaの飛行機

2019年9月、大学一年生の夏休みに初めての海外への旅に行きました。大学生になったら旅に出よう!と決め、居酒屋のバイトと鬼の断捨離で貯めたメルカリの売り上げを旅行費にあて、北海道の新千歳空港を飛び立ちました。

向かう先は東南アジア。タイの空港を経由して、カンボジアとベトナムへ向かいました。

到着したカンボジアでは、シェムリアップに3日ほど滞在しました。私の初海外の冒険記は別記事にて紹介します。

カンボジアと日本のエナジードリンクは何が違う?

カンボジアにはどんなエナジードリンクが売っているのか?

国によって販売してあるエナジードリンクは異なります。

日本で販売されているエナジードリンクは、基本的に日本人向けに製造され、販売されています。逆にカンボジアを始めた海外では、エナジードリンクは基本的に製造された商品をそのまま扱っています。つまり、東南アジアに行けば日本で飲めない世界のエナジードリンクを飲むことができるというわけです。

そんな情報を仕入れ、ワクワクしながらスーパー、コンビニへ買い出しに行きました。

カンボジアのエナジードリンクは、日本に比べて種類が多いです。また、他飲料も日本と異なる形状やパッケージ、味で興味深かったです。

ぱっと見で分かるモンスターエナジーの種類の多さ。しかも、500ml近い容量です。

当時まだ日本では500ml缶のモンスターエナジーは販売されていなかったので、この大きさは衝撃的でした。

なんて思っていたら奥に700mlのモンスターエナジーが。

700mlのモンスターエナジー

こりゃすごいw ちなみに名前は「MEGA MONSTER ENERGY 」

B級映画ばりの安直な名前、嫌いじゃない。

700mlは多すぎたので流石に購入は断念しました。もしカンボジアもしくは海外にいく機会があれば私の代わりに試してみてください!

モンスターエナジーそっくりの謎のエナジードリンク

カンボジアにはセブンイレブン(?)みたいなコンビニがありました。

カンボジア版セブンイレブンの店内にはモンスターエナジーにそっくりなエナジードリンクが売っていました。

このあからさまな3本の爪痕。その名は「MUTANT」

容量は330ミリリットル。価格は3,100リエルほど。日本円で84円くらいです。エナジードリンクにしては安いです。現地価格な感じですね。

ミュータントは日本語訳で突然変異を意味します。モンスターエナジーの突然変異的な感じなんですかねw

ちなみに味はまんまスプライトで、爽やか系の炭酸飲料でした。モンスターエナジーっぽい見た目から濃い目の味を予想していたのでやや拍子抜けでした。

MUTANT〜屋台の豚串を添えて〜

手ごろな価格だったので、MUTANTには3日ほどお世話になりました。飲みやすくて美味し位ですが、エナジーの効果は不明です。

またカンボジアに行ったら飲みたいな。というか、カンボジアにしか売っていないかは分かりませんが。

カンボジアのRedBull(レッドブル)

カンボジアにもRedBull(レッドブル)が売っていました。

日本にはない面白い形のレッドブルがあったので購入。250mlです。味は日本のレッドブルよりちょっと濃いかな?くらいでした。いいサイズ感!

値段はうる覚えですが百数十円だった気がします…

ちゃっかり後ろにミュータント。この旅の主役は完全にミュータントでしたw

カンボジアのモンスターエナジー

海外に行ったら絶対に飲もうと思っていた海外使用のモンスターエナジー!

カンボジアのシェムリアップに到着したその日にスーパー、コンビニへ視察に行きました。

スーパーやコンビニに普通に並んでいます。

このスーパーはドル表記、ドル支払いでした。

日本の味と比較するために、普通のモンスターエナジーを購入。

流石の海外サイズ473ml。何とも中途半端な量です。何でだろう。

価格は2.8ドル。日本円で大体300円くらい。妥当な金額ですね。エナジードリンクは世界各国同じ価格帯の模様。

700mlのモンスターエナジー

ちなみに最初に紹介したこの700mlのメガモンスターエナジーは、4.4ドル。日本円で480円くらいでした。

カンボジア滞在3日目に青いモンスターエナジーを購入。

名前は「モンスターエナジーウルトラブルー」。日本にない味ですが、完全にジャケ買いしましたw

値段は473mlなので300円ほど。液体の色も青で、味はモンスターウルトラ(白いモンスター)に近いスポドリっぽい味でした。

お土産に買って帰ろうかなとも思いましたが、バックパックでの移動だったので重いし邪魔なので諦めました。こういう海外でしかできない体験は、やっぱり現地に行って楽しむのが吉です。

日本未発売のCarabao(カラバオ)

コンビニで日本では買えないエナジードリンクを発見し購入。

レッドブルと同じ250ml缶。このサイズ感飲みやすいので日本でも販売して欲しい。

カラバオの味は、レッドブルに近かったです。モンスターエナジーとレッドブルの間の感じで、レッドブルよりの味です。

※味の比較が基本的にモンスターエナジーかレッドブルでしかできません。申し訳ないm(_ _)m

カラバオはたまーにサッカーチームのスポンサーになっているイメージ。イングランドのプレミアリーグ「チェルシー」の胸スポンサーにもなってましたね。

コカコーラも海外使用

今回カンボジアのシェムリアップに滞在しましたが、ランチでコーラを頼んだら普通に缶のコーラが来ました。こっちの方では当たり前のようです。

もう片面表記。

こっちだけ見たらぱっと見コカコーラってわかりませんね。

エナジードリンクではありませんが、IZE LEMONという飲み物が爽やか系炭酸飲料で美味しかったです。カンボジアのスーパーコンビニどこでも購入できました。

 

写真を撮り忘れたものもありますが、様々なエナジードリンクが売られていました。エナジードリンク好きは海外のエナジードリンクを飲んでみてください。東南アジアが近いのでいきやすいかと思います。

一応海外のエナジードリンクを日本で買うこともできますが、輸入品で値段も高いので現地に行って現地で飲むことをお勧めします。

カンボジアを始め、ベトナムやタイなど東南アジア各国には日本と日にならないほどの数と種類のエナジードリンクが売っています。エナジードリンクだけでなく、日本では体験できないことばかりですので、是非現地へ行ってエナジードリンク、そしてその土地の雰囲気や空気感を味わってみてください。

特に学生は、一回は海外に旅をしに行くのをおすすめします。思ったよりもいい刺激がもらえます。

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアよろしく
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

21歳大学生|ブロガー&WEBメディア管理人|大学1年時に札幌の学生ビジネスイベントに参加して出会った深作浩一郎さんの倍率50倍の秘書兼弟子になり二年。新規事業も任され今冬リリース予定。社長のTV出演や東京出張、高級飲食店にも同行し学びや継続をアウトプット中。社長の秘書として必死に仕事を手伝いながら、起業・ビジネス・IT・WEBと言った様々なジャンルについて学び、その全てをSNSやブログで発信中。

コメント

コメントする

目次(タップで移動)
閉じる