MENU

HABETでフィッシャーズ「真夏のザカオ」のNFTを大学生が購入してみた【オークション購入方法】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、てつ(@tetsu_hisyo)です。

この度HABETのオークションにて、大人気グループYouTuberフィッシャーズのメンバーであるザカオさんを落札し、購入しました。

え、どういうこと?という声が聞こえてきそうです。

正確にはザカオさんのNFT、「真夏のザカオ」を購入しました。

さらに分からなくなりそうなので、早速解説していきます。

目次(タップで移動)

NFT(エヌエフティー)とは何?

そもそもNFTとは、Non-Fungible Token(ノンファンジブル・トークン) の略称で、日本語訳だと非代替性トークンとか、代替不可能なトークンとなります。

代替不可ということは、同じものが二つ存在せず唯一無二なことを表します。トークンとは日本語訳で「印」とか「象徴」を意味するものであり、非代替性トークンを分かりやすく表すと、唯一無二な印の付いたものとなります。

結局何なの?と言われそうですが、NFTとはつまりこれは本物だよ!という証明が保証されているデジタルデータです。

NFTのイラスト作品であれば、複製して同じイラストが作られたとしても、オリジナルのNFTは「唯一無二のオリジナルである」という証明がついているので、オリジナルのデータの価値は下がらないということです。

 

NFTはよく絵画の話で例えられることが多いです。

例えばモナリザの絵が2枚あったとします。どちらも同じクオリティのモナリザですが、片方には本物のモナリザである証明書がついています。どちらに価値がつくかは言うまでもありませんね。

この考え方で、ブロックチェーンという技術を用いてデジタルデータに証明書を発行したものがつまるところNFTというわけです。

HABETとは何?

HABETとは、株式会社UUUMのグループ会社であるFORO株式会社が、新規サービスとしてオープンしたデジタルトレーディングカードのNFTマーケットプレイスです。

HABETでは従来のNFTマーケットプレイスと同様にデジタルトレーディングカードを「発行」「売買」「閲覧」することができます。

カードは大きく二種類あり、世の中に一枚しかない「ユニーク」カードとシリアル番号付きの「シリアル」カードがあります。シリアルカードは10枚や100枚など決まった数を作成できます。

HABETの特徴は、主に以下の3つです。

  • NFT発行手数料0円
  • クレジットカード決済(法定通貨)によるNFT購入が可能
  • 「Yahoo!ネット募金」と連携し、HABETのプラットフォーム手数料の一部を寄付

後ほど紹介しますが、NFTを購入した際にいくら寄付されたかも確認することが可能です。

NFTマーケットプレイスでは主に仮想通貨での取引が主流ですが、HABETは日本円で取引されています。

海外のNFTマーケットプレイスの日本バージョンといったところです。

海外のNFTマーケットプレイスHABET
購入できるNFTデジタルデータであれば何でもソーシャル、動画、音楽・ボイス、
写真、イラスト、その他の6種類
利用する通貨仮想通貨(ETHなど)日本円(JPY)

現在HABETではYouTuberやイラストレーターのNFT作品が販売されており、すでに二次販売での流通も行われています。

HABETでフィッシャーズ「真夏のザカオ」のNFTを発見

そんなHABETを見ていると、「真夏のザカオ」がHABET内で販売されているのを発見。

500円という表記だったので、思い切って買ってみるか?と思い詳細を見ると、どうやらオークション形式での販売でした。

HABETではNFTを通常販売、応募販売、オークション販売の3つの方法で販売することができ、今回の「真夏のザカオ」はオークション販売で、出品から3日後まで開催される日程になっていました。

初めてのNFT、物は試しだ!ということで、オークションに参加することを決めました。

初NFTが、アート作品とかではなく「真夏のザカオ」っていうのもなんかいいな、と思ったのもあります。

水色の入札ボタンを押して

入札額を500円以上にすることで入札ができます。501円でも入札はできるのですが、501円で入札した記録も残り続けるので、気持ちプラスの600円で入札してみました。

金額を入力したら、利用規約をチェックして入札するボタンを押します。

ここで二重確認が入ります。入札して落札したらちゃんと買ってね?ってことです。入札するを押します。これで入札完了。

こんな感じで値段表示が変更されました。

しっかり記録も残ります。

通知も来ました。

600円で終わることはないだろうなーとは思いつつも、このまま終わったらいいなと思いながら次の日の朝を迎えると、1,500円で別の方に入札されていました。

そのまま1500円でオークション最終日の9月17日になりました。一度入札すると愛着が湧き、多少値段が上がっても購入してみようと思っていたので、オークション終了の何時間か前に少し値段を上げて購入しようと思っていました。

しかし、その日の昼にHABETを確認すると、さらに値段が上げられ3000円になっていました。しかもその入札をしたのが、UUUMの社長で、このNFTマーケットプレイスHABETの生みの親の鎌田和樹さんでした。

まじか、鎌田社長!

鎌田社長はHABETでいくつものNFTを買いあさっており、シンプルにNFTを集めているのか、値段を上げて流通させてNFTの価値をあげようとしているのか…

まだまだNFTがクリエイター(売る側)にも、買う側にも馴染んでいないから、高い値段をつけてNFTはこんなに価値があるんだ!ということを広めようとしているのか…真相は定かではありませんが、「真夏のザカオ」が3000円の価値になったことには変わりありません。

ここからまた値段が上がってしまうのか…?とビクビクしつつも、オークション終了数時間前になったので、例の如く100円プラスした3100円で入札しました。

一般大学生と鎌田社長が並ぶこの構図、奇妙ですが面白いです。

これで「真夏のザカオ」に鎌田社長と競り合ったというエピソードが付与されました。

誰かが値段をあげるかなと思いましたが、意外とこのままオークションは終了しました。10秒前とかに1円だけ上げられないかなと冷や冷やしていましたが、まだそういう悪い人はいないようです。

3100円で落札した「真夏のザカオ」のNFTは、終了表示になりました。

初のNFT「真夏のザカオ」を購入

HABETでNFTを落札すると、お支払いのリンクが記載されたメールが登録したメールアドレスに届きます。


メールに記載されたURLに飛び、NFTの支払いを行います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-09-18-0.10.46-1024x559.png

おめでとうございます!という表記とともに決済してゲットするというボタンがあるので押します。

NFTを入札する際と似たような画面になるので、利用規約にチェックして購入するを押します。出品者には手数料など引いて8割の金額が入るようです。

寄付額31円と言うのが、「Yahoo!ネット募金」と連携しているHABETの寄付金のようです。

おなじみの二重確認をして購入完了!

しっかりと「真夏のザカオ」NFTの保有者に。多くの方はこうして購入したNFTを二次販売して転売的にお金を増やしているっぽいですが、愛着が湧いたのでしばらくは保有してみようと思います。

HABETでのNFTの二次販売に関しては別記事にて紹介します。

 

こうして初めてのNFTを購入しました。ありがとうフィッシャーズ。ありがとう真夏のザカオ。

結果として、日本で初めてザカオさんのNFTを買った大学生になってしまいました。それも、UUUM代表の鎌田社長と争ったというエピソード付きで。なかなか無い経験GETです。

ツイートでも表現しましたが、本当に奇妙な世の中になったもんですw

そしてこのツイートが何とザカオさん本人に届き、Twitterで「いいね!」していただくことができました。

インフルエンサーなどのNFTは、所持していれば何かしら本人からの反応がもらえると言うチートアイテム的な捉え方もできるかもしれませんね。

そして数日後にはHABETの公式Twitterから引用RTをいただきました。

https://twitter.com/habet_pr/status/1440536546029891596?s=20

これで「真夏のザカオ」NFTに、HABET公式Twitterから”神ツイート”と呼ばれたという実績が付与せれました。

NFTを購入してみて

NFTを購入して率直に思ったのは、「現状、あんまり使い道ないな。」です。

はい、思ったより使い道ないです。NFT。

現在HABETでは、有名YouTuberのNFTが高額で二次販売されているのをよく見かけます。が、転売しているような気がして本来のNFTの扱い方ではないのかなとも思いました。

NFTを保持し続けることがいいのか、いろんな人の手を渡り歩くのがいいのか、この辺りも意見は割れそうですが、とりあえずはしばらく保持して、使い道や効果などを模索してみようと思います。

現状NFTに特に使い道がないので、今回のNFT購入を通して生まれたものは、”有名YouTuberの謎のNFTをUUUMの鎌田社長と競り合って購入した一般大学生”というバグみたいなエピソードのみです。

NFTの知識がまだ浅いので、NFTにどういった使い方がであり、何ができるかなどを別記事で掘り下げていこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアよろしく
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

21歳大学生|ブロガー&WEBメディア管理人|大学1年時に札幌の学生ビジネスイベントに参加して出会った深作浩一郎さんの倍率50倍の秘書兼弟子になり二年。新規事業も任され今冬リリース予定。社長のTV出演や東京出張、高級飲食店にも同行し学びや継続をアウトプット中。社長の秘書として必死に仕事を手伝いながら、起業・ビジネス・IT・WEBと言った様々なジャンルについて学び、その全てをSNSやブログで発信中。

コメント

コメントする

目次(タップで移動)
閉じる